万が一の避難ルートを指し示すハザードマップ

男性

災害対策にハザードマップ

重機

ハザードマップとは

土砂災害や津波などの被害範囲を想定し、それに伴った避難場所や避難経路が示されています。

知っているだけで安心

避難場所や避難ルートの指定があるため、慌てずに非難ができます。家族と共有しておくとはぐれる心配もありません。

国土交通省が公表

国土交通省が公表しているほかに、各自治体で作成もされています。最新の情報が記載されているので、定期的に確認しましょう。

ハザードマップの口コミ

家を購入する判断材料に

被害予測が載っているため、自分が購入しようとしている家の状況はどうかなど、すぐに調べることができて安心でした。万が一の場合の避難ルートもあるので知っておいて損はないです。

住宅保険の見直しに

火災保険や家財保険など、自宅だからこそたくさんの保険をかけていますが、本当に必要なものかどうかを見定めるときに役立ちました。

揺れやすさマップが掲載

耐震対策が万全であっても地盤の状態によっては揺れの大きさが大きく変わるんです。私は、家具の倒壊のリスクなどをハザードマップと照らし合わせて、家具の転倒防止などを施しました。

資産価値が把握できる

ハザードマップには地質調査の状態などがきちんと掲載されているので地盤が関係する災害リスクなどが一目でわかりました。ハザードマップがあるおかげで災害リスクの高い家を買ってしまうリスクが減格段と下がりますよね。住宅を購入する時に、購入価値が適正かどうかをハザードマップで参考にできるので助かっています。

家族と安心して暮らせる

家を購入する際、その土地で家族が安心して暮らせるかが心配でした。どんな耐震設計を施していても、地盤によって安全性が左右されてしまいますよね。そんなときに役立ったのが、ハザードマップです。事前に自宅をの場所を調べて、安全性を確認してから自宅を購入することができました。やっぱり安心感が違います。

広告募集中